マイコン、シティ残留を強調

「シティの助けになりたい」
マンチェスター・シティDFマイコンが、夏に移籍するという噂を否定した。

マイコンに対しては、母国ブラジルからアトレチコ・ミネイロが関心を示している模様と伝えられている。

昨年夏にインテルからシティへ移籍した元ブラジル代表DFは、イングランド1年目で期待に応えることができなかった。そのため、この夏に移籍してもおかしくはない状況だが、マイコンは完全に否定。ブラジル『Lancenet』の中で、「移籍しないことを保証できる。僕は落ち着いていて、何を書かれても気にしない。僕の唯一の目標はチームの助けになることだ。これ以上ケガをせず、代表チームに戻ることだね」と話している。

そして、「自分のベストシーズンを過ごせたわけではない。フィジカル面の問題があった。難しいシーズンだったよ。でも、終盤に回復した。チームを助ける準備はできている」と述べ、シティに貢献することを誓った。