ビラス=ボアス:「究極の目標はCL出場権獲得」

ELでリヨンとのセカンドレグに臨む
トッテナムは21日に行われるヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント1回戦セカンドレグでリヨンと対戦する。

ホームでのファーストレグに2-1の勝利を収め、勝ち上がりに期待のかかるスパーズだが、アンドレ・ビラス=ボアス監督はプレミアリーグでの4位以内があくまで最優先の目標だと主張している。リヨン戦前日会見でのコメントをイギリス『インディペンデント』などが伝えた。

「もちろんクラブにとって究極の目標は、チャンピオンズリーグ(CL)の出場権を獲得することだ。だがもちろん、ELで優勝できたとすれば本当に素晴らしいことだ。片方のせいでもう一方に疑問をつけることはない。我々は両方の目標に向けて戦い続けることができる」

「ELの試合のあと、休養する時間は十分にある。同じような姿勢で大会に臨み続けることは可能だと考えている」

プレミアリーグで10試合無敗と好調を維持するトッテナムは、来季のCL出場圏内の4位に位置している。木曜日のリヨン戦を終えたあと、来週月曜日に行われるリーグ第27節ではアウェーでウェスト・ハムと対戦する。