ブラックバーン、ベルグ監督を57日で解任

チャンピオンシップ17位に低迷
ブラックバーンは27日、ヘニング・ベルグ監督の解任を発表した。就任からわずか57日間での解任となった。

昨季19位でプレミアリーグからチャンピオンシップに降格したブラックバーンは、現在チャンピオンシップで24チーム中17位。10月末にチームを引き継いだベルグは10試合で指揮を執ったがわずか1勝しか挙げられず、6敗を喫していた。26日のミドルスブラ戦にも0-1で敗れ、3連敗となったことでクラブが解任を決断するに至った。

元ノルウェー代表DFのベルグは、現役時代にブラックバーンやマンチェスター・ユナイテッドなどで活躍。引退後の2005年からノルウェー国内のクラブで監督を務め、スティーブ・キーンの後任としてブラックバーンの監督に就任していた。ブラックバーンにとってはクラブ史上初めてのイギリス人以外の監督だった。