マンチーニ、スナイデル&デ・ロッシ獲得を否定 バロテッリ残留も強調

自身は「イタリアのことは懐かしいが…」
マンチェスター・シティのロベルト・マンチーニ監督が、FWマリオ・バロテッリの放出を否定した。一方で、インテルMFヴェスレイ・スナイデルやローマMFダニエレ・デ・ロッシの獲得もないと話している。

9日のマンチェスターダービーで2-3と敗れたシティ。マンチーニ監督は試合後、前半だけで交代させたFWマリオ・バロテッリのプレーに苦言を呈していた。だが、同監督は10日、イタリア『スカイ』で、バロテッリを売却することはないと強調している。

「彼のような才能を無駄にし続けてはいけない。彼には素晴らしいクオリティーがあるんだ。だが、昨日のようなプレーをしてはいけない。常に違いをつくれるし、つくらなければいけないんだ。オファー? 我々には4人のFWがおり、全員が必要だ。バロテッリは売らない。彼は22歳だ。仕事のことだけを考えなければいけない」

「我々はユナイテッドよりも優れており、彼らよりも良いプレーをする。だが、彼らの方がより経験があるんだ。いずれにしても、6ポイント差は挽回できる。今は素晴らしい時期にないけど、我々が見事な一年にできると確信しているよ。プレミアリーグは世界最高のリーグだ」

また、マンチーニ監督はスナイデルやデ・ロッシ、ミランFWステファン・エル・シャーラウィについても言及。自らもイタリアへのノスタルジーはあると認めつつ、シティでうまくいっていると強調した。

「スナイデルは素晴らしい選手だが、我々には必要ない。ウチにはすでに(ダビド・)シルバと(サミル・)ナスリがいる。デ・ロッシはローマに残ると思うよ」

「イタリアのリーグは懐かしいが、今の私はシティでとてもうまくいっている。非常に真剣なクラブで働いているんだ。エル・シャーラウィは私がより好きな選手だ。彼は最高の選手になれるよ。でも、獲得できるとは思わない。彼はミランの未来だ」