チェルシー新監督はベニテスに決定

元リヴァプール指揮官がプレミア復帰
チェルシーは21日、ラファエル・ベニテス氏(52)を新監督に迎えた。暫定監督として、今シーズン終了までチームを率いることがクラブの公式サイトで発表されている。

チェルシーは20日に行われたチャンピオンズリーグでユヴェントスに敗れ、グループステージ敗退の危機に瀕している。そこで、クラブは監督交代を決断。昨シーズン、暫定監督としてクラブを初の欧州王者に導いたロベルト・ディ・マッテオ前監督を解任した。

新指揮官のベニテス氏は、2001年から2004年まで指揮したバレンシアで成功を収めてメジャーになったスペイン人監督。バレンシアの後はリヴァプールで手腕をふるい、チャンピオンズリーグ制覇も経験。2010年にはインテルの監督に就任したが、約半年で退任した後はフリーとなっていた。