ボジングワ、QPR加入が決定

ヒューズは満足
QPRは17日、DFジョゼ・ボジングワ(29)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。契約期間は3年となっている。

ボジングワは2011-12シーズン終了でチェルシーとの契約が満了となり、フリーになっていた。その後、リールなどへの移籍も噂されたが、この夏に積極補強を見せているQPRと契約している。

ボジングワがQPRの公式サイトで次のように話した。

「昨日、監督やオーナーと話をした。クラブの将来のビジョンを教えてもらった。僕は4年間チェルシーでプレーして、プレミアリーグのフットボールとサポーターが大好きになった。イングランドにとどまることができて素晴らしいよ。僕も僕の家族も幸せだ。それが大事だね。きっと、僕のキャリアで最も重要なチャレンジになる。僕は今、QPRの選手だ。チームのため、ファンのため、ベストを尽くすよ」

経験豊富な選手の加入を喜ぶマーク・ヒューズ監督は、以下のように述べている。

「疑いの余地のないクオリティーを持った選手を迎えることができて、うれしく思う。ジョゼは融通の利く選手で、私が好むものだ。パク・チソン、ジブリル・シセに続いて、3人目のチャンピオンズリーグ優勝経験者だ。彼の経験は、我々にとってとても大事になるだろう。勝者のメンタリティーを持っている。それは私が求めていたものだ」

ボジングワはQPRにとって、今夏8人目の新戦力だ。