バートン、QPRに復帰

フリートウッドでの調整を終える
QPRに所属するMFジョーイ・バートンが、QPRに戻ったようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。

バートンは2011-12シーズン最終節での暴力行為により、12試合の出場停止処分を言い渡されている。そのため、新シーズンの序盤戦はプレーすることができない。そこで、イングランド4部に相当するリーグ2のフリートウッドで練習を積んでいた。

フリートウッドは練習参加だけでなく、レンタルでバートンを獲得しようと試みたものの、QPRは認めなかったようだ。フリートウッドを率いるミッキー・メロン監督が、『スカイ・スポーツ』で次のように語った。

「ジョーイはQPRに戻った。彼がクラブに与えた影響は、本当に素晴らしいものだった。我々がジョーイと過ごした時間は、ポジティブなことしかなかった。レンタルで獲得を打診したが、QPRはそれを望まなかったね。彼はQPRに戻った。我々は、彼の幸運を祈っている。彼は常に、このクラブの仲間だ」

バートン本人はツイッターで、「フリートウッドでの冒険は終わった。楽しむことができたよ。偉大なクラブだ」とつぶやいている。