カブール:「ロリスとトッテナムについて話した」

GK補強は誰に?
リヨンに所属するフランス代表GKウーゴ・ロリスに、トッテナム移籍の可能性があるようだ。トッテナムDFユネス・カブールが、ロリスとクラブについて話したと明かしている。

守護神のブラッド・フリーデルが41歳という年齢のため、新しいGKを探しているとみられるトッテナムは、ロリスの獲得も選択肢に入っているようだ。代表でチームメートのカブールが、フランス『レキップ』で次のように話した。

「電話でロリスとトッテナムのことを話した。彼が僕たちと一緒にプレーすることになったら大きいね」

また、自身の移籍については、完全に否定している。

「僕をここから動かすのは難しい。僕はトッテナムで幸せだからね」

2011-12シーズンにトッテナムで充実した1年を過ごしたカブールだが、EURO2012に出場することはできなかった。そのときのことを「すごく悲しかった」と振り返る同選手は、「時間を無駄にしてはいけない。2014年のワールドカップをテレビで見るようなことはしたくない」と、今後のアピールに燃えている。