プレミア年間MVPにコンパニ

バークレイズ・プレーヤー・オブ・ザ・シーズンに選ばれる
マンチェスター・シティDFヴァンサン・コンパニが、プレミアリーグのシーズン最優秀選手に選ばれた。シーズン最優秀監督には、ニューカッスルのアラン・パーデュー監督が選出されている。

コンパニは最終節を残して首位に立つシティの大黒柱として、チームを支えた。GKジョー・ハートらチームメートの安定したパフォーマンスもあり、シティはリーグ最少失点で最終節を迎える。主将としてスター軍団を統率しながら、自らもハイレベルなパフォーマンスを続けた。

プレミアリーグ年間最優秀選手賞は、過去5年、マンチェスター・ユナイテッドの選手が手にしていた。2006-07、07-08シーズンは、現レアル・マドリーFWクリスティアーノ・ロナウドが連続受賞。その後はDFネマニャ・ヴィディッチが2回、FWウェイン・ルーニーが1回受賞している。

監督部門には、現在5位につけるニューカッスルのパーデュー監督が選ばれた。前半戦に好スタートを切ったニューカッスルは、いつか息切れするものと思われたものの、後半戦になっても躍動。1月の補強もあたり、チャンピオンズリーグ出場権を狙える位置で争っているところだ。