F・トーレス元代理人:「ビラス=ボアスはクビ寸前」

スペイン代表を外れたのも、指揮官のせい?
チェルシーFWフェルナンド・トーレスは、最近の不調が影響し、スペイン代表メンバーから落選していた。同選手の元代理人であるアントニオ・サンス氏は、アンドレ・ビラス=ボアス監督に問題があったと指摘している。

サンス氏は、ビラス=ボアス監督の解任が近づいていると話した。そのため、解任を恐れた采配になっていると感じている。イギリス『デイリー・メール』は、サンス氏が以下のように話したと報じた。

「ビラス=ボアスは、チェルシーの欲求を満たしていない。クビになる寸前で、恐れているんだ。F・トーレスが最近の試合でゴールを決めていないのは事実だ。だから、彼はベネズエラ戦に向けたスペイン代表に呼ばれなかった」

「しかし、私はトーレスに問題があるとは思わない。チェルシーが彼の調子をサポートするつもりがないんだ。チェルシーの選手たちによれば、ロッカールームの雰囲気は悪いらしい」

ビラス=ボアス監督は先日、母国ポルトガルのラジオで、F・トーレスをアンドリー・シェフチェンコやマテヤ・ケジュマンと比較していた。