チェルシースカウト:「アザールを20回以上視察した」

チェルシー移籍の可能性高まる?
チェルシーのフランスのスカウトを担当するガイ・ヒリオン氏は、同クラブのために20回以上リールMFエデン・アザールの視察に行ったと明らかにした。

66歳のヒリオン氏は、若きベルギー代表MFはスタンフォード・ブリッジに完璧にフィットすると考えている。

ヒリオン氏はイギリス『サン』に、「20試合以上はアザールを見に行ったはずだ。毎回、ポジティブなレポートを書いた」と語った。

「エデンがヨーロッパのビッグクラブに加われば、さらに強くなるだろう」

イングランドだけでなく、ヨーロッパ中のビッグクラブが関心を抱くアザールは、イングランドに移籍する意向を明らかにしている。

なおチェルシーは、昨夏にFWロメル・ルカク、今冬にMFケヴィン・デ・ブルイネと2人の若きベルギー代表プレーヤーを獲得している。