レミーへの関心を認めるレドナップ

デンバ・バも引き続き注視
トッテナムを率いるハリー・レドナップ監督が、マルセイユFWロイク・レミーへの関心を認めた。

トッテナムは以前から前線補強が話題になっている。最もゴールを決めているFWエマヌエル・アデバヨールはマンチェスター・シティからのレンタル。あとは今冬の移籍が濃厚なロマン・パブリュチェンコとジャーメイン・デフォーで、決して十分な層があるとは言えない。そのため、レミー獲得のチャンスをうかがっている。

レドナップ監督のコメントを、イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。

「良い選手だね。我々は興味を持っている。正直に言えば、2年前に彼を獲得する可能性もあった。関心があるのは事実だが、それは遠くからのものだよ。まだそれ以上のことはない」

また、契約条件を生かして格安で獲得できるかもしれないというニューカッスルFWデンバ・バについても触れている。

「契約解除についての項目について、いろいろ聞いている。ある人は、一つのことを言って、ほかの人はいくらで獲得できると話をする。本当のことを知っている唯一の存在は、ニューカッスルとデンバ・バだろう」

そのバは、今シーズンはニューカッスルに残るだろうと話していた。