グリゲラ、じん帯断裂で長期離脱

半年程度は戻れず
フラムに所属するDFズデネク・グリゲラが、長期離脱を強いられることになった。フラムは10日、同選手がひざ前十字じん帯を断裂したと発表している。

グリゲラは6日に行われたプレミアリーグのトッテナム戦に先発出場したが、前半ロスタイムに負傷交代となっていた。担架で運ばれた同選手が検査を受けたところ、ひざの前十字じん帯を断裂していることが明らかになり、長期離脱が確定している。

グリゲラは今年夏にユヴェントスとの契約を解消して、フラムと契約を結んでいた。復帰はシーズン終盤になりそうである。