ヴィディッチ、セルビア代表引退を表明

「身を引くタイミングだと感じた」
マンチェスター・ユナイテッドDFネマニャ・ヴィディッチが、セルビア代表からの引退を表明した。

EURO2012本大会出場権を逃した後、同選手は代表引退が噂されていたところ。決断の要因の一つは、周囲の厳しい評価だったようだ。セルビアサッカー連盟の公式サイトで、ヴィディッチは次のように話した。

「メディアと観衆が、僕の代表での態度を非難したことはつらかった。僕は、ケガをおしてプレーしていたことだってある。僕が代表でプレーした10年間で、サポートしてくれた監督やチームメートには感謝しなければいけない。今は、僕が身を引いて、若手にバトンタッチするタイミングだと思うよ。代表に呼ばれたときは、いつも誇り高く感じていた。セルビア代表に明るい未来が待っていることを祈っている」

セルビア代表では、インテルに所属するMFデヤン・スタンコビッチも代表引退を表明していた。