シティDFがボルトンにレンタル

コイル監督の下で成長を望むボヤタ
マンチェスター・シティDFデドリック・ボヤタ(20)が、ボルトンにレンタル移籍することが決まった。ボルトンの公式サイトで発表されている。

オーウェン・コイル監督は、ボヤタの獲得を以下のように喜んだ。

「デドリックの年齢やクオリティーは、我々が好きなものだ。これまでに示してきたようにね。彼は大きな新戦力だ。センターバックでもサイドバックでもプレーできる。ペースとパワーと柔軟性があり、ダイナミックな選手だ」

ボルトンは、アーセナルMFジャック・ウィルシャーやチェルシーFWダニエル・スタリッジといった若手をレンタルで獲得して飛躍させた。ボヤタは、その実績に興味を持ったようだ。

「僕は本当に監督と一緒にやってみたいと思った。ジャック・ウィルシャーやダニエル・スタリッジをどうやって生かしてきたのかを見てきたね。僕はまだ20歳だ。これからたくさん学んで、成長したい。ボルトンへの移籍は、大きなチャンスだね」