オランダ代表GKがスウォンジーへ

プレミア挑戦に燃えるフォルム
スウォンジーが、ユトレヒトからオランダ代表GKミケル・フォルム(27)を獲得した。契約は3年で、移籍金は150万ポンドとなっている。

クラブの公式サイトで、フォルムが移籍決定を喜んだ。

「プレミアリーグは世界最高のリーグで、そこで戦う機会があるというのは大きなことだ。僕は、(代表でチームメートのマンチェスター・シティMF)ナイジェル・デ・ヨングや(アーセナルFW)ロビン・ファン・ペルシ、(トッテナムMF)ラファエル・ファン・デル・ファールトらと話をした。みんな、プレミアリーグは美しいと言っていたよ」

「このリーグに慣れていないから大変だけど、新しいチャレンジだ。スウォンジーに入ることができてうれしいよ。エキサイティングなシーズンになりそうだ」

スウォンジーは昨シーズン、チャンピオンシップで3位になり、プレーオフの末にプレミア昇格を勝ち取っていた。