アクイラーニに満足するダルグリッシュ

イタリア復帰が噂されるが…
リヴァプールのケニー・ダルグリッシュ監督は、プレシーズンにおけるMFアルベルト・アクイラーニのパフォーマンスに満足している。セリエAへの移籍が取りざたされる同選手だが、指揮官は残留させる意向なのだろうか。

2009年夏にリヴァプールへ加入したものの、新天地プレミアリーグで期待されたほどのパフォーマンスを残すことができず、昨シーズンはユヴェントスへレンタル移籍していたアクイラーニ。ユーヴェでは好プレーを披露したものの、移籍金がネックとなって完全移籍には至らなかった。

今夏、アクイラーニはフィオレンティーナへの移籍に近づいた。フィオレンティーナとリヴァプールは買い取りオプションつきのレンタル移籍という形で合意したと言われている。だが、アクイラーニ側は昨シーズンの二の舞を避けるべく、完全移籍を希望。フィオレンティーナ移籍は破談に終わったと見られている。

ミランからの関心も報じられるアクイラーニについて、ダルグリッシュ監督は「我々はプレシーズンの彼に満足しているよ。彼がチームの一員でいることをうれしく思っている」と話したが、指揮官の信頼を勝ち取って残留という結末を迎えるのだろうか?