マンチーニがバロテッリに激怒

「真面目にやれ」
マンチェスター・シティは24日、ロサンゼルス・ギャラクシーとプレシーズンマッチを行った。試合は1-1で終了したが、ロベルト・マンチーニ監督はPKを決めたFWマリオ・バロテッリを叱責している。

バロテッリはこの試合に先発したが、わずか30分で交代を命じられた。マンチーニ監督が、選手の態度に不満を持ったためである。バロテッリはスルーパスに抜け出してGKと1対1のチャンスを迎えたが、ペナルティーエリア内でボールを止めると後ろを向いてヒールシュート。ボールは枠を外れた。

このプレーに激怒したマンチーニ監督は、早々にバロテッリをベンチに下げている。試合後、同指揮官が次のように話した。

「サッカーは常に真面目にやるべきだ。得点するチャンスがあったら、ちゃんと決めるべきだ。私にとっては、それだけのことだね。彼の教訓になればと思う」

ただ、これ以上の処分を科すつもりはないようだ。バロテッリを処分するのかと問われたマンチーニ監督は、「30分で交代させただけで、彼にとっては十分な罰になったはずだ」と話している。