ヴェンゲル:「ナスリ残留に全力を尽くす」

セスクとクリシに関しては…
アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督は、MFサミル・ナスリの残留に全力を尽くすと宣言した。

この24歳のフランス代表MFについては、プレミアリーグのライバルであるマンチェスター・ユナイテッドやチェルシー、マンチェスター・シティへの移籍が噂されている。だが指揮官は、ナスリの慰留に全力を尽くすと約束した。

『スカイ・スポーツ』によると、「我々はナスリをクラブに留めるために、すべてをする」と話したという。「私の願いは、彼がここに残ることだ」と話したとされている。

「もしも彼が振り返るなら、私たちとともに長い道のりを歩んできたことに気づくはずだ。それに、まだすべきことがある。選手のキャリアを築くのは、クラブなんだ」

一方で、DFガエル・クリシとMFセスク・ファブレガスの残留には、自信がないようだ。

「間違いなく、我々は彼らが残ってくれることを望んでいる」

「彼らはアーセナルの一部であり、クラブにとって大事な選手なんだ。だから残ってほしいが、どうなるかを見てみよう」