ニュース ライブスコア

テベス代理人、シティ残留を示唆

マンチェスター・シティに所属するFWカルロス・テベスは、この夏の移籍が取りざたされている。しかし、代理人のキア・ジョオラビシアン氏は、残留の可能性を示唆した。

テベスはこれまでに、アルゼンチンにいる家族と離ればなれであることが問題だと話していた。しかし、家族をマンチェスターに呼ぶことで残留の道が開かれるかもしれない。ジョオラビシアン氏のコメントを、イギリス『デイリー・スター・サンデー』が伝えた。

「カルロスが移籍するという話題はフェアじゃないと思う。お金の問題ではないはずだ。問題は家族のことだね。彼が整理したいと思っている問題だ。私は次の週までに分かると思っている」

「シティファンと彼の絆は重要なものだ。すべての要因がポジティブだと思う。カルロスは移籍するという決定を下したわけではない。我々がクラブに移籍を求めたということはないよ」