モドリッチ残留のために補強を考えるレドナップ

「野心を示さなければ」
トッテナムMFルカ・モドリッチは、ビッグクラブからの関心が噂されている。選手本人も移籍願望を認めており、残留は厳しい現状のようだ。ハリー・レドナップ監督は、選手にチームの野心を示すことが主軸残留の鍵とみている。

イギリス『BBCラジオ』に対し、レドナップ監督が次のように話した。

「我々は、彼に自分たちの野心を示さなければいけない。それは我々がすることだ。あと1人か2人の優秀な選手を加えることができれば、我々は良いシーズンを送ることができる。トッテナムはここ数年、偉大なクラブになり得た。それこそ、我々の望むことだ」

「(モドリッチを狙っているのは、)チェルシーだけではない。トップクラブが彼を見ている。しかし、トッテナムがどこかを目指すのであれば、ルカを売るわけにはいかない。彼を残すために、何かしなければいけない。成功を収めたいなら、彼を売る余裕などないんだ」

モドリッチの獲得には、チェルシーのほかにマンチェスター・ユナイテッドとマンチェスター・シティも興味を持っているようだ。