モドリッチ移籍話を一笑に付すレドナップ

「2000万ポンドのオファー? 夢でも見ていたんだろう」
トッテナムのハリー・レドナップ監督が、イギリス『スカイ・スポーツ・ニュース』の中で、MFルカ・モドリッチをはじめとする主力選手の残留を強調した。

マンチェスター・ユナイテッドへの移籍が大きく取りざたされているモドリッチ。だが、レドナップ監督には彼やMFガレス・ベイルを放出するつもりはまったくないようだ。

「昨日、モドリッチに関する話を聞いた。2000万ポンドと言っていたね。ルカに2000万ポンド? 夢でも見ていたんじゃないか。彼はファンタスティックな選手だ。私は彼を売らないよ。彼は決して不満も言わず、彼のサッカーを愛している。代えの利かない選手なんだ」

一方で、来季にチャンピオンズリーグ出場権獲得を目指す上で、レドナップ監督はチームが強化を必要としていることも認めている。だがだからこそ、主力を放出することなどできないと訴えた。

「(トップ4と)争っていくためには、トップクオリティーの選手があと3人必要だと感じている。我々はたくさんの電話をして、メディアでもたくさんの話が出回っているが、どの選手の獲得にも近づいていない。また、良い選手たちを売ることがないのも確実だ」

「ルカ・モドリッチもガレス・ベイルも売っていない。サンドロも売っていないよ。我々は、彼らでトッテナムというチームをつくろうとしているんだ」