レドナップ、チェルシー行きの噂を一蹴

「私にとってもニュースだ」
トッテナムのハリー・レドナップ監督は、チェルシー行きもあるのでは、との憶測を一蹴した。

チェルシーはリーグ戦でも2位と、今季無冠に終わった。指揮官の座は空席となっているが、レドナップ監督は自分のチームに集中していると話した。『スカイ・スポーツ』に対して、「トッテナムで素晴らしい職を得ている」と強調している。

「ここ数年、これ以上ないような素晴らしい時間を過ごしてきた」

「チェルシーからは何も聞いていない、確かだよ。誰もチェルシーの話をしてこなかった」

「この話を聞いたのは、初めてではない。今日、私の名前がテレビで挙がっていたと聞かされた。だから『まったく聞いたこともないから、私にとってもニュースだね』と言ったんだ」

また、解任されたカルロ・アンチェロッティ氏の仕事ぶりを称賛している。

「昨季に2冠を達成したことで、彼は素晴らしい監督であることを示した」

「ミランでもそうだった。彼にふさわしいビッグクラブはたくさんあると思う」