エブラ、インテル移籍に近づいていた?

「インテルから真剣なコンタクトがあった」
マンチェスター・ユナイテッドDFパトリス・エブラが、昨夏の移籍市場でインテルが同選手の獲得に動いていたと明らかにした。エブラは、クラブが放出を拒否したと語っている。

「僕は4年契約にサインした。僕の獲得を望むチームは、(サー・アレックス・)ファーガソンのオフィスに行って、彼と直接、取引をしなければいけない」とエブラは、チャンピオンズリーグのチェルシー戦後、イギリス『スカイ』で述べた。

「インテルは1年前、レアル・マドリーと同じように僕に関心を抱いていた。インテルからは、真剣なコンタクトがあった。でもユナイテッドが、僕の放出を望まなかった」

チェルシーを下したユナイテッドは、準決勝でインテル対シャルケの勝者と対戦する。ファーストレグで大差がついているこのカードだが、エブラは「インテルに失うものはない。そしてフットボールに確実なことはない。インテルが早い時間に2ゴール奪えば、シャルケを恐れさせることができる。シャルケはミラノで非常に良い試合をした。彼らが5ゴール奪ったことに驚いたよ」と話した。