ホジソン:「これほど早くプレミア復帰するとは…」

クラブは元リヴァプール指揮官の就任に満足
今シーズン途中にリヴァプールの指揮官を解任されたロイ・ホジソン監督は、11日にウェスト・ブロムウィッチの新指揮官に就任した。リヴァプールを離れてわずか1カ月での現場復帰に、ホジソン監督も驚いているようだ。クラブの公式サイト上で、同監督は次のように話している。

「これほど早くプレミアリーグに戻ってくるとは思っていなかった。だが、チェアマンやスポーツディレクター、テクニカルディレクターらのやり方に感銘を受けてね。とても喜んでオファーを受けたんだ」

「ウェスト・ブロムウィッチのようなクラブが、プレミアリーグでの冒険を維持し、将来に向けてチームをつくっていくための機会を与えてくれて、私はうれしく思っているよ」

一方、チェアマンのジェレミー・ピース氏は、ホジソン監督が理想的な人材だったと述べ、1部残留を目指す上でその経験が役立つはずだとの見解を示している。

「シーズンのこれほど重要な段階に来て、我々はできるだけ早く適切な人材を見出し、その人物を就任させることが重要だと感じた。ロイのことは、クラブの取締役会が満場一致で選んだんだ。ナンバーワンのターゲットを連れてくることができて、我々はうれしく思っている」

「彼の豊富な経験と知識は、我々が現在直面している変化において、まさに我々が必要としていたことなんだ。長期的な意味でも、短期的な意味でもね」