ニュース ライブスコア

スアレス問題の早期決着を願うアヤックス監督

アヤックスのフランク・デ・ブール監督は、リヴァプールからの関心が伝えられるFWルイス・スアレスの去就に関する決着ができるだけ早く着くことを望んでいる。

伝えられるところによると、リヴァプールはスアレスの獲得に向けてすでにアヤックスに接触しているという。ただ両者の提示額にまだ開きがあるようだ。

スアレスの去就について、F・デ・ブール監督はオランダ『テレグラーフ』に以下のように話している。

「1月31日の23時55分にルイスの移籍を認めることはない。それが論理的だし、私が(ゼネラルディレクターの)リック・ファン・デン・ボーグと交わした約束だ」

「スアレスの代わりを見つけるのは難しい。だが我々は準備ができている。我々にはプランBがある。彼が去った場合、我々が何を望むかすでに把握している」

アヤックスはヘーレンフェーンFWバス・ドスト、ストーク・シティFWエイドゥル・グジョンセンとの関連が伝えられている。