リヴァプール、ホジソンの後任探しに奔走

デシャンらの名前が浮上
ホームで下位に低迷するウォルバーハンプトンに0-1で敗れた今週、リヴァプールのロイ・ホジソン監督にかけられた圧力は限界に達した。

試合後ファンに囲まれた際、63歳の監督は一度もスタンドからサポートを受けたことがないと訴えたが、その後謝罪するとともに自身のコメントが間違った解釈をされたと説明している。

イギリス『サン』によれば、現在クラブオーナーのジョン・W・ヘンリー氏とクラブ執行部は新監督を探しているが、彼らが満足できる後任が見つかるまでホジソンを解任することはないという。

現在他クラブで指揮を執っているものの、マルセイユのディディエ・デシャン監督、ボルトンのオーウェン・コイル監督がアンフィールドの新指揮官候補となっているようだ。

またイギリス『デイリー・テレグラフ』は前ガラタサライ監督のフランク・ライカールト、ポルトのアンドレ・ビジャス・ボアス監督、ドルトムントのユルゲ ン・クロップ監督らがオーナーグループであるフェンウェイ・スポーツ・グループの望む若手監督の条件に当てはまると伝えている。