アンチェロッティ:「2012年まではチェルシーで」

契約延長の話はまだ
チェルシーを率いるカルロ・アンチェロッティ監督は、少なくともあと2年はイングランドにとどまるようだ。

現在のチェルシーは不振が続いており、解任も噂になった。しかし、しばらくはチェルシーでの挑戦を続けるという。アンチェロッティ監督が、イタリア『コッリエレ・デッロ・スポルト』で次のように語った。

「2012年まで残るよ。新しい契約について(オーナーの)アブラモビッチと話したかって? まだだよ。今はチームのキレを取り戻して、より強くすることが優先だ」

「我々の問題? ケガだね。アレックス、ジョン・テリー、マイケル・エッシェン、フランク・ランパード、ディディエ・ドログバのような選手たちが離脱した。彼らの代役は簡単じゃないよ」