チェルシー不振脱せず、アーセナルが首位浮上

ナスリが華麗に2ゴール
4日にプレミアリーグ第16節が行われた。

不振のチェルシーは、ケガから復帰したDFテリーを先発で起用して臨んだエヴァートン戦を1-1のドローで終えている。ホームのチェルシーは前半、試合の主導権を握ると、41分には相手のミスから得たPKをドログバが決めて、リードを手にした。しかし、2点目が遠いチェルシーは86分、バインズの突破から最後はベックフォードに頭で決められて、同点に追いつかれてしまった。後半途中、ケイヒルとの接触で顔面を負傷したGKチェフの治療があったため、7分のロスタイムがあったものの、スコアは動かず、両者が勝ち点1を分け合っている。

前節終了時にチェルシーと勝ち点で並んでいた3位アーセナルは、ホームでフラムと対戦し、2-1の勝利を飾っている。14分にエリア内で抜群の落ち着きを見せたナスリがネットを揺らして先制すると、30分にはディフェンスラインの乱れからカマラに同点弾を許してしまったが、76分に再びナスリが決めて勝ち越し。2-1で勝ち点3を加え、アーセナルは暫定首位に浮上している。

マンチェスター・シティはホームに好調ボルトンを迎え、1-0で勝利をつかんだ。決勝点が生まれたのは開始4分。ヤヤ・トゥーレのスルーパスに反応したテベスが、あっさりとゴールを奪っている。その後、30分もネットを揺らしたシティだが、不運にもオフサイドがあったとされて認められず。それでも、最後までチャンスをつくり続け、勝ち点3を手にしている。

5位トッテナムは、敵地でのバーミンガム戦を1-1のドローで終えて、順位は変わらず。ブラックバーンは降格圏に低迷するウォルヴァーハンプトンに3-0と快勝した。ウィガン対ストーク・シティの一戦は、2-2の引き分けに終わっている。

なお、この日に開催を予定していたブラックプール対マンチェスター・ユナイテッドの一戦は、ピッチ凍結のため延期になった。