バロテッリとJ・ボアテングが練習中にケンカ

危険なタックルでヒートアップ
マンチェスター・シティは3日、チーム内でトラブルが発生している。練習中にFWマリオ・バロテッリとDFイェロメ・ボアテングが衝突し、乱闘寸前の状態だったようだ。イギリス『デイリー・メール』など、各メディアが伝えた。

報道によると、J・ボアテングのタックルを受けたバロテッリが激怒し、チームに緊張が走ったそうだ。両者が取っ組み合いになったところで、DFコロ・トゥーレが割って入り、バロテッリをなだめたという。

その後、バロテッリはロベルト・マンチーニ監督と話し合うことになった。指揮官からどのようなことを言われたかは明らかになっていない。