ゴメス、インテル戦の退場処分に納得できず

ユナイテッド戦での挽回を誓う
トッテナムGKゴメスは、チャンピオンズリーグのインテル戦で提示されたレッドカードの判定は「厳しすぎた」と主張している。同選手は、マンチェスター・ユナイテッド戦で挽回することを目指している。

『スカイスポーツ・ニュース』にゴメスは、イエローカードが妥当だったと話した。

「退場になった後、テレビで試合を見るのはつらかった。レッドカードの判定は厳しすぎたと思う」

「イエローカードだったらよかった。僕は相手を倒しにいったんじゃない。ボールを止めにいったんだ」

「10人の我々にとって難しい試合だった。でも仲間はよくやってくれた」

ゴメスはまた、今週末に行われるユナイテッド戦への意気込みを語っている。

「(FWルーニーが本調子じゃなくても)彼らはマンチェスター・ユナイテッドだ。大きな歴史のある大きなチームだ。自信を持って戦う必要がある。ただ我々は、オールド・トラフォードがいかに難しい場所か分かっているよ」

「でもこのチームを信じているよ。最高の試合にすることができると思っている」