大逆転、ルーニーが契約延長!

5年間の新契約にサイン
マンチェスター・ユナイテッド退団の意思を明らかにしていたFWウェイン・ルーニーだが、この話は仰天の結末を迎えた。なんと、新たな5年契約にサインしたというのだ。

今週火曜、アレックス・ファーガソン監督は、ルーニーが契約更新をしたがっていないと話していた。それに続き、ルーニーも退団の意思を認めていた。

だが今回、クラブの公式サイト上で、「クラブと選手の代理人の間で、徹底して論議を交わしました」とつづられ、契約が延長されたと明らかにされている。

ルーニー自身は契約延長に「喜んでいる」と語り、「完全なる信頼をもって」契約を結んだと語っている。以下が、クラブサイトで発表された、ルーニーのコメント。

「ユナイテッドでの新契約にサインしたことを喜ばしく思います。ここ数日、僕は監督やオーナーと話し、こここそが僕がいるべき場所だと納得させてくれました。水曜日には、監督の才能について語り、彼の信頼とサポートが残留することを納得させてくれました」

「クラブ運営、コーチングスタッフ、役員、オーナーが、ユナイテッドの誇り高き勝利の歴史を保つために全面的に力を注ぐという、完全なる信頼をもって、
完全な信頼の下で、新契約にサインしました。勝者の歴史、それこそが第一希望として、このクラブに加わった理由です」

「ファンの皆さんは今週、見聞きしたことに気落ちしたことと思います。ですが、僕の姿勢は、将来を考えた上でのものでした。加入したときからファンは僕に最高の扱いをしてくれました。その信頼を再び勝ち取れるかは、僕のパフォーマンス次第だと思っています」

「難しい1週間」に幕を引くことができ、ファーガソン監督も喜んでいる。

「難しい1週間だった。だが、マンチェスター・ユナイテッドには、カバーの徹底を期待している。このボーイには、いつもドアは開いていると話していたし、ウェインは残留に合意してくれた」

「クラブにいるとときどき、クラブがどのくらい大きな存在なのか理解するのが難しくなることがある。それに理解するのに、ここ数日のような出来事が必要にもなる。ウェインは今、マンチェスター・ユナイテッドがどれほど偉大なクラブか理解したんだと思う」

「このクラブにかかわるすべての人間が、ウェインの後ろにいて、私たちが知っている彼ができるだけのパフォーマンスを披露できるようサポートすると、確信しているよ」