ベイル獲得を争うユナイテッド&マドリー

レドナップ監督は「彼はどこにも行かない」
今夏の移籍市場でトッテナムMFガレス・ベイル獲得を目指していたマンチェスター・ユナイテッド。UK版Goal.comによると、ユナイテッドはシーズン後にもベイル獲得に向かうことを予定しているという。

レアル・マドリーのジョゼ・モウリーニョ監督もベイルを高く評価し、獲得を望んでいると言われているが、ベイルは夏にスパーズとの契約を4年間延長している。スパーズはこの契約延長が、ベイルが同クラブで満足していることを意味すると考えているようだが、クラブの関係者はチャンピオンズリーグでの戦いを続けられるかどうかが重要になると考えているという。

トッテナムを率いるハリー・レドナップ監督は、イギリス『サン』の自身のコラムで「ベイルは彼のポジションの世界のベストプレーヤーの一人」と断言している。

「ジョゼは確かに選手を理解している。しかし確かなことは一つだ。私は、ベイルをどこにも行かせない」

「トッテナムは、大きな結果を残せるチームをつくっているところだ」

「モウリーニョもガレスのプレーを楽しむだろう。しかし、彼はどこにも行かない」