パーカー獲得のため、ロビー・キーンを譲渡か

獲得を諦めないトッテナム
トッテナムは以前から、ウェスト・ハムに所属するMFスコット・パーカーの獲得に興味を示している。ウェスト・ハムはパーカーを残留させたい意向であるが、選手はまだ契約延長に応じていない。そのため、まだ移籍の可能性は残されている。

イギリス『サンデー・ミラー』によると、パーカー獲得を実現させたいトッテナムは、FWロビー・キーンを取引の一部に組み込んで、ウェスト・ハムに再度オファーを出す準備を進めている。

トッテナムは現在、ピーター・クラウチとジャーメイン・デフォーがレギュラー扱いとなっているようで、その控えにはロマン・パブリュチェンコがいる。4番手となったロビー・キーンを手放す可能性は否定できないだろう。

しかし、ロビー・キーンが求める給料が取引のネックになる可能性があるようで、交渉は簡単なものにはならないと予想されている。