アルテタが契約延長、残留が確実に

続々と主力残留を決めるエヴァートン
エヴァートンに所属するMFミケル・アルテタ(28)が、クラブとの契約延長を決断した。新たに5年契約を結んだ同選手は、2015年までエヴァートンでプレーすることになる。

この夏、セビージャやマンチェスター・シティへの移籍が取りざたされたアルテタが、クラブの公式HPで契約延長について語った。

「今年の夏、僕がこのクラブにとって大事な人間であることを理解した。そして、ここは僕にとって大事なクラブだ。監督と会長は、僕を残すために120パーセントの努力をしたよ。僕たちは、みんなでクラブの将来について考えている。すごく特別なことだね」

「このチームを信じているんだ。チームは今、とても強い。簡単にはポジションを得られないね。僕はその一員でありたいと思っているよ」