サニャ代理人、インテルとの接触を否定

「獲得を望むクラブがあれば連絡をしてくるだろう」
アーセナルDFバカリ・サニャは、ヨーロッパチャンピオンのインテルが、同選手獲得の可能性を打診したという報道を否定している。

インテルでは、ジョゼ・モウリーニョ監督に続いてDFマイコンもレアル・マドリーへ移籍すると報じられており、サニャはマイコンの後釜候補として名前が挙げられている。

「これまで、オファーは届いていない」と代理人は、『fcinter1908.it』で語った。

「シーズンのこの時期になると、すべてのビッグネームはトップクラブとの関連が報じられる」

「しかし私はインテルの首脳陣と、いかなるコンタクトもとっていない」

「もしどこかのクラブが選手との契約を望めば、私に連絡してくるだろう」