ニュース ライブスコア

年間最優秀監督のホジソン:「キャリア最高の名誉」

フラムのロイ・ホジソン監督が、今シーズンのLMA(イングランド・リーグ監督協会)年間最優秀監督に選出された。ホジソン監督は同賞の選出に、彼のキャリアで最高の賞を受賞したと喜びを語っている。

ホジソン監督はフラムをプレミアリーグで12位、FAカップ準々決勝、ヨーロッパリーグ(EL)決勝に導いた。

「フットボールにおいて、日々、同じ困難に立ち向かっている同じ職業の人間から認められる以上の喜びはないよ」とホジソン監督は、『スカイスポーツ』で語った。

「こういう賞に選ばれたとき、できることは謙虚に頭を下げ、賞に選んでくれたことを感謝するだけだね」

「これは間違いなく、私がキャリアで得た中で最も大きな賞だ」

なお12日に予定されているアトレティコ・マドリーとのEL決勝は、フラムにとってシーズン63試合目となる。ホジソン監督は、彼のチームがアトレティコとのファイナルで、良いパフォーマンスを示してくれることを望んでいる。

「62試合も相当な試合数だ。チームはすでに素晴らしい一貫性、回復力、献身を示してくれたよ」

「私はシーズンの63試合目に、彼らが死に物狂いで臨んでくれることを期待している」