アーセナルファン、ショークロスに同情

イングランド代表招集を支持
アーセナルMFアーロン・ラムジーに重傷を負わせるタックルをしてしまったストーク・シティMFライアン・ショークロスに、アーセナルのサポーターから相当な数の支持が届けられているようだ。イギリス『ガーディアン』が伝えている。

ショークロスはタックルをし、ピッチにいた誰の目にも明らかなケガをウェールズの若手MFに負わせてしまった後、レッドカードを提示された。そしてラムジーのケガに涙を流しながらピッチを去っていた。

ストークのトニー・プリス監督は、ショークロスのこの振る舞いが、アーセナルファンの支持を得たのではないかと話している。

「ライアンはアーセナルのサポーターから、彼を同情する内容の300通以上のメールを受け取っている。彼らはピッチを離れる際の彼の反応を支持し、リスペクトしてくれている」

「こういった状況になったとき、ときに本当に素晴らしいことが起こることがある。アーセナルのサポーターの態度は、本当に素晴らしいものだ」

ショークロスは、イングランドが3-1の勝利を収めたエジプト戦のメンバーに招集されていた。あまりにも多くのことが起こった1週間の後、彼は次のように語っている。

「厳しい1週間だった。でもこのような偉大なチームに加われることは、本当に素晴らしいことだった」

「チームに選ばれたことは良いことだった。代表のすべての選手が親切にしてくれた。彼らはフットボールだけに集中させてくれた。代表での時間を楽しんだし、素晴らしい経験だったよ」