ニュース ライブスコア

セスク父:「何かがあるならシーズン終了後」

アーセナルに所属するMFセスク・ファブレガスは先日、今シーズン終了後にバルセロナへ移籍することで仮合意に達したとスペインメディアに報じられていた。その後、バルセロナは公式HPを通じて、この報道を否定している。それでも、同選手の古巣復帰の噂は消えないようだ。

セスクの父親は今シーズン終了後に動きがあると感じており、イギリス『ミラー』の中で次のようなコメントが紹介された。

「何かが起こるなら、シーズン終了後だろう。ただ、シーズンの半ばである今、こういった話が出ることはアーセナルを怒らせるはずだ」

「クラブが選手に興味を持ったら、まずはクラブに交渉しなければならない。そうやって機能してきたことだ。何かがあるなら、そのようにしなければいけないだろう」