イタリア復帰を考えるドッセーナ

W杯出場を目指す

リヴァプールに所属するDFアンドレア・ドッセーナは、1月の市場でイタリアに復帰したいと考えているようだ。

イタリア代表としてワールドカップ(W杯)に出場したいと考えている同選手は、現状の出場機会だとそのチャンスを逃す可能性があるとみている。そのため、シーズン後半戦でマルチェロ・リッピ代表監督にアピールしたいようだ。

イギリス『ニュース・オブ・ザ・ワールド』が、ドッセーナのコメントを伝えた。

「ナポリ、ユヴェントス、ミランのことは知っている。8月に彼らは、別の選択をしたね。ユヴェントスとは契約目前だったんだ。でも、彼らはファビオ・グロッソと契約することを選んだ。僕は今、W杯に行けないことを心配しているよ」

「自分の扱いについては失望したりしていない。どうやって動くものかは分かっているし、僕は正しい振る舞いをした。ベニテスがメンバーを決めて、僕は彼の選択を尊重するよ」

「正直に言うと、僕は自分のパフォーマンスに少し不満がある。本物のドッセーナは、まだ(ホームの)アンフィールドで見せられていないんだ」