ニュース ライブスコア

ベニテス監督:「移籍市場は狂っている」

リヴァプールのラファエル・ベニテス監督が、巨額のマネーが飛び交う昨今の移籍市場に、「クレイジー」と苦言を呈している。ベニテス監督はまた、ビッグクラブに対し、成功はお金で買うことはできないと警告している。

ベニテス監督は、イギリス『BBC』で、以下のように語っている。

「今の移籍市場は狂っている」

「市場のすべてはマネー、マネー、マネー、マネー。大金を投じなければいけない状況になっている」

「ただ、我々は良い選手を獲得したよ。イングランド代表選手(グレン・ジョンソン)の獲得は、非常にポジティブだ」

そして、ベニテス監督は、現在の移籍市場で、資金力を持つクラブと狙っている選手の獲得を争うことが、いかに難しいことなのかを、説明している。

「状況は変わってしまった」

「この状況に適応しなければいけない。シティやヨーロッパのビッグクラブは多くのお金を使っている。市場は変わったんだよ。我々は、より懸命に働かなければいけなくなってしまったんだ」

「シティはすでに多くの選手を獲得したが、それは成功を保証するものではない」

「新シーズンで何が起こるのか。楽しみだね」