ヴィエラを諦めないバーミンガム

「まだ取引は死んでいない」

インテルMFパトリック・ヴィエラに対する関心を公にしているバーミンガムは、今でも獲得を諦めていないようだ。

バーミンガムの会長を務めるデイビッド・ゴールド氏が、イギリス『メトロ』の中で次のように語った。

「私には、何とかして2年契約を結びたい選手がいる。私はヴィエラとの取引がまだ死んでいないと思いたい」

「選手は冷静で、よりいい条件を待っているだろう。何でも起こる可能性はあるはずだ。彼がプレミアリーグに戻りたいというなら、我々はそうすることができる」