ヴェンゲル監督:「ファン・ペルシの将来はここにある」

ファン・ペルシの残留を強調

アーセナルのヴェンゲル監督が、FWファン・ペルシとの契約延長を望んでおり、契約延長はクラブと選手本人が共に望んでいることだと強調している。

 

ヴェンゲル監督は、ファン・ペルシとの交渉が進展していないという報道を否定し、スケジュールを調整しているだけであると、『テレグラフ』に語っている。

 

「我々はロビン(・ファン・ペルシ)との契約を延長したい。基本的な問題はテーブルの上でのことだ」

 

「すでに何度か交渉の場を持ったが、常に後でと先延ばしになっている」

 

「ロビンは残留を望んでいる。基本的に残留を望んでいるし、彼との契約はあと2年残っているんだ」

 

なお、『ニュース・オブ・ザ・ワールド』は、クラブは6ヶ月前にファン・ペルシに4年間の契約延長オファーを提示したものの、ファン・ペルシと同選手の代理人は、クラブが移籍条項を契約に含めることを認めなかったことを不服としていると報じている。

 

また、ヴェンゲル監督はファン・ペルシとの契約延長だけでなく、「ベントナーとの契約延長にもプライオリティを置いている」と、強調している。