リヴァプール、シャビ・アロンソで資金繰り?

大型補強の犠牲になるのは…

昨年夏、ユヴェントスへの移籍が頻繁に話題となったリヴァプールMFシャビ・アロンソに、再び放出の可能性が浮上した。

 

アストン・ヴィラMFバリーの獲得に動くであろうリヴァプールは、再度シャビ・アロンソを手放すことで資金調達を試みるつもりのようだ。

 

リヴァプールのターゲットはそれだけではないため、資金繰りは大変だろう。マンチェスター・ユナイテッドFWテベス、バレンシアMFダビド・シルバ、ポーツマスDFグレン・ジョンソンといった大物獲得には、ビッグネームの放出が必要かもしれない。そこで、今季主力として活躍したシャビ・アロンソにも移籍の可能性があるという。

 

フロレンティーノ・ペレス氏が6月の選挙でレアル・マドリーの会長になった場合、シャビ・アロンソの獲得に2300万ポンドを投じる可能性があるようだ。リヴァプールは「コンタクトはありません。そして、アロンソは市場に出ている選手ではありません」と声明を出しているものの、移籍を予測する声はしばらく消えそうにない。