ギグスが歴代ベストイレブンをチョイス

C・ロナウドは選ばず

マンチェスター・ユナイテッドで長年プレーを続けているMFライアン・ギグスが、『デイリー・メール』のなかで、自身がともにプレーしたユナイテッドのベストイレブンを挙げている。

 

大きなサプライズとしては、MFクリスティアーノ・ロナウドが含まれなかったことだろう。ベストイレブン選出について、ギグスは次のように語っている。

 

「ピーター(・シュマイケル)は僕が一緒にやった中でベストプレイヤーの1人だ。彼は素晴らしいGKで、ユナイテッドのために勝者だった。いまはエドウィン(・ファン・デル・サール)と一緒だね。どちらも偉大なGKだよ。どっちがゴールにいるかは大事じゃない」

 

「スコールズは僕にできないことをする。ボールを持つ時間やパスの範囲、そしてゴールメイクの能力だ。それらは僕が見た中で最高級のものだね」

 

「カントナはシステムを超越した選手だ。異なる国からきた、異なる背景を持った選手だよ」

 

以下がギグスの選んだベストイレブンとなる。

 

GK:シュマイケルorファン・デル・サール

DF:G・ネビル、スタム、ファーディナンド、アーウィン

MF:ベッカム、スコールズ、ロイ・キーン、ギグス

FW:カントナ、ルーニー