ペペ、マドリーとの契約延長が進まず

300万ユーロのオファーを拒否、600万ユーロを望む
レアル・マドリーとポルトガル代表DFペペの契約延長交渉が難航している。

マドリーは現行の年俸が180万ユーロのペペに対して300万ユーロのオファーを提示したが、同選手と代理人のホルヘ・メンデス氏がこれを拒否。MFクリスティアーノ・ロナウド、MFカカーの900万ユーロに次ぐ額の600万ユーロを望んでいるという。

しかしマドリーが、ペペ、メンデス氏による600万ユーロの要求に応じることは不可能と見られる。理由としては同選手が負傷がちであり、ヘタフェ戦での暴行で10試合の出場停止処分を受けるなど、安定したパフォーマンスが見込められないことが挙げられる。

マドリーとペペの契約は2012年までとなっており、交渉が破談となれば、マドリーは移籍金を得るために来夏以降の移籍市場で同選手を放出する考えがあるとされる。なおペペには、マンチェスター・ユナイテッド、インテルが興味を持っているとされ、またバルセロナに移籍する可能性も以前に報じられた。