カシージャスがペペに苦言

「マドリーのユニフォームを着ているなら・・・」

21日のヘタフェ戦で相手選手に蹴りやパンチを見舞い、退場処分となったレアル・マドリーDFペペに対し(関連ニュース参照)、同僚のGKカシージャスが苦言を呈している。テレビカメラの映像によると、カシージャスはペペが退場する際に「お前はクレイジーだ」と言い放ったとみられ、同選手は報道陣に対し、「レアル・マドリーのユニフォームを着ているなら、彼がやったようなことをしてはいけない」と語った。

 

カシージャスはペペが与えたPKをセーブしており、その後マドリーはイグアインのゴールで逆転勝利。バルセロナとのタイトル争いに踏みとどまることに成功している。ペペに対しては厳しい言葉を向けたカシージャスも、白星を手にしたことへは満足感を示した。

 

「もっといいプレーができたかもしれないし、悪いプレーになっていたかもしれない。でもマドリーはいつも偉大な何かを持っているんだ。その紋章は、つねにマドリーのすべてのファンにプライドを感じさせるんだよ」

 

「僕らはシーズンが終わるまで戦い続ける。バルセロナ相手に何かをできるのは僕らだけだからね」

 

「ヘタフェには敬意を払っているけど、セビージャやビジャレアル、バルセロナ相手にタイトルを落とすことはあっても、ホームでヘタフェ相手にそれをすることはあってはいけない」

 

ただし、カシージャスはこの勝利に浮かれることはできないとも警告している。マドリーは次節、3位セビージャと敵地で対戦する。その翌週にはバルセロナとの直接対決を控えるが、カシージャスはセビージャを倒さなければ意味がないと主張した。

 

「僕らがセビージャで勝てなかったら、その後でバルセロナを倒しても、何の意味にもならない」