気絶したトーレスの救命処置でガビが指を噛まれていた…同僚の危機に見せた的確な措置に賛辞

デポルティーボ戦の試合中に気絶したF・トーレスが、気道確保のために指を口に突っ込んだガビの指を強く噛んでいたことが判明。緊急事態で無意識だったとはいえ、その的確な措置を見せた同僚ガビに賛辞の声が集まっている。

2日に行われたデポルティーボvsアトレティコ・マドリーの試合で、フェルナンド・トーレスが相手DFに後ろからチャージを受け、ピッチに頭を打ち付けて気絶。そのまま病院へと搬送される一幕があった。

そのプレーを間近で見ていたアトレティコ・マドリーのキャプテンMFガビは、トーレスが意識を失ったことをすぐさま察知し、トーレスの口に手を入れて気道確保をしようとした。この際にガビが無意識のトーレスに指を噛まれていたことが明らかになった。

現地メディア『ラジオ・マルカ』の報道によると、トーレスが意識を失った際の処置について、トーレスを診察したカルロス・ラリノ医師は「ガビはトーレスの口に手を突っ込んだ時にどうやら噛まれていたみたいだね。ガビと(シメ)ヴルサリコがピッチ上ですぐさま取った処置は完璧だった」と発言。仲間の危機にすぐさま措置を取った同僚を称賛している。

同メディアではトーレスの代理人、アントニオ・サンツの談話も紹介。救急車で病院に搬送される途中にトーレスが意識を取り戻し、何とか話せる状態になっていたという。その後、トーレスは状態に問題がないことを自身のSNSで明かしている。

また、噛まれたガビについて、複数のスペインメディアが「トーレスが危険な状態にあると察知した、主将の勇気ある行動は称賛されるべき」と報じ、ガビに賛辞の言葉を送っている。

サッカーのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。