シメオネ、息子ジョヴァンニが示唆したインテル監督就任について「いつの日かそうなる」

シメオネ監督は将来的にインテルを指揮することは既定路線と述べる。焦点は、就任する時期か。

アトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督が、将来的に古巣インテルを指揮するとの見解を示した。

シメオネ監督の長男であるジェノアFWジョヴァンニ・シメオネは、先に「父は将来的にインテルと契約するんじゃないかな」と発言。これによって、同指揮官の去就が再び騒がれることになった。

しかしながらシメオネ監督は、長男の発言をあっさりと肯定している。チャンピオンズリーグのバイエルン・ミュンヘン戦前日会見で、将来的にインテルの監督に就任することは既定路線であるとの考えを述べた。

「息子とは頻繁に話をしている。子供たちや恋人、また父親も、私がいつの日かインテルに率いることを知っている。そんなことは、新しい事実でも何でもない」

「私の将来ははっきりとしている。何もコメントすることはないよ」

なおシメオネ監督とアトレティコとの契約は、今季に2020年から2018年まで縮められた。アトレティコとの契約終了後に、次の古巣で指揮を執ることになるのだろうか。

セリエAのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。