レアル・マドリー、リーガ開幕節は“BBC”抜き C・ロナウドに続いてベンゼマの欠場が決定的に

イスコ、ハメス、アセンシオのポジション争いに注目

レアル・マドリーは、21日に行われるリーガエスパニョーラ開幕節レアル・ソシエダ戦に主力不在で臨むことになりそうだ。

レアルはエースFWクリスティアーノ・ロナウドが先月行われたユーロ2016決勝戦でひざを負傷し、すでに開幕戦欠場が決定している。これに加え、腰に痛みを抱えるFWカリム・ベンゼマも18日までの練習を別メニューでこなしており、欠場が濃厚だ。そのため“BBC”と称される3トップで敵地ソシエダ戦のピッチに立つのはFWガレス・ベイルのみとなる。

負傷を抱えているのはC・ロナウドとベンゼマだけではない。GKケイロル・ナバス、DFペペ、ファビオ・コエントランもまだチームの全体練習に合流できていない状況だ。ジネディーヌ・ジダン監督はこの3人もスターティングメンバーの構想から外さなければいけない。

ジダン監督はセンターフォワードにFWアルバロ・モラタを起用するとみられる。中盤にはMFカセミロ、ルカ・モドリッチ、トニ・クロースが揃うが、左ウィングのポジションは空いている。場合によっては4-4-2の採用も考えられ、MFマルコ・アセンシオ、ハメス・ロドリゲス、イスコのポジション争いにも注目が集まる。